沿革

1983.6
京都大学医用高分子研究センターの協力により、(株)バイオマテリアルユニバースを設立。
1986.6
グンゼ(株)との共同開発により、国産初の外科用生体吸収性縫合糸の製造承認をグンゼ(株)が厚生省より取得。 社屋を京都市南区に移転し、ポリグリコール酸(生体吸収性縫合糸の原材料)を製造開始。
1995.10
新社屋を竣工。同年、社名を株式会社ビーエムジーに変更。
1996.4
ポリ乳酸(生体吸収性骨固定材の原材料)の製造開始。
1997.4
グリコール酸/乳酸共重合体の吸収性歯周組織再生用材料(GTRメンブレン)の製造開始。
1998.9
乳酸/カプロラクトン共重合体(生体吸収性モノフィラメント縫合糸の原材料)の製造開始。
2002.7
米国バイオメットと耐摩耗性に優れた人工関節摺動部材に関する特許ライセンス契約を締結。
2003.5
生体内分解吸収性ポリマー製造装置の新設および社屋増築。
2004.4
厚生労働省より人体に優しい義歯床用材料“アクリショット®”の製造承認を取得。
2005.3
京都府より人体に優しい義歯床用材料“アクリショット®”の医療用具製造許可を取得。
2007.3
テュフズードより ISO 13485 認証取得。
2008.4
義歯床用熱可塑性レジン“アクリショット®”の保険適用開始。
2008.9
義歯床用熱可塑性レジン“アクリショット®”の製造販売を開始。
2010.3
テュフズードより ISO 13485 認証(更新)取得。
2011.6
ニプロ(株)との新規医療用接着剤の共同開発契約を締結。
2013.3
テュフズードより ISO 13485 認証(更新)取得。